【スポーツバイク購入ガイド】⑤ステップ!

1. サイクルショップ選び

IMG_6472
スポーツバイクってどこで購入するの? 「Enjoy!  Your  Bicycle Life 」楽しい自転車生活のスタートはまずはショップ選びから です。クライム・サイクルスポーツでは厳選したバイクブランド、パーツブランド、ウエアブランドを取り揃え、豊富な商品からお気に入りの自転車やパーツが見つかるはずです。
またスポーツバイクは必ず点検や調整といった整備も必要になり、100Km~200Km走行で初回点検を行い、1,000Km~1200Kmで2回目の点検、2,000Km~2500Kmで3回目の点検を行います。その間気になる所があれば点検整備します。当店でご購入いただけましたスポーツサイクルは無料です。(第一オーナーに限る)

 

 

2. バイク車種、メーカー、モデル選び

IMG_6477

スポーツサイクルには大きく分けて3種類の自転車があります。 ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクの3車種。
更にシティー向きのシティーサイクル 、タイヤ軽の小さいオシャレな小径車・折りたたみ自転車 、 トリックやジャンプを取り入れたストリート向きのBMX。どのような乗り方、遊び方をするかで車種は変わってきます。 クライム・サイクルスポーツではイメージを伺い、楽しいサイクルライフを手に入れるためのお手伝いをします。

スポーツバイクの種類

 

18-INFINITO-CV-ULTEGRA-105-1D
kobalt_blackredpic_S2 Profile DS WBSLR02_DISC_TWO_Carbon-Red
●ロードバイク
細いタイヤとドロップハンドルが特徴のロードバイクは最軽量でスピードを出して走れるバイク。重量はもっとも軽いモデルで 6Kg程度で、走行の軽さも他の自転車とくらべても圧倒的に速い。ロードレース、ツーリングやサイクリング、長距離の通勤にも向いており幅広く利用できます。ご予算は90,000円~とても高価なモデルまで幅広くあります。
自転車ロードレースはヨーロッパではサッカーと人気を二分するほどのメジャースポーツです。

 

 

18-CAMALEONTE-1-MATT-CK16
18-VIA-BRERA-LUSTER-GREYmistral_gbpic_2017-Masi-Strada-Vita-Uno-Green_2

●クロスバイク

クロスバイクは道路を軽快に走るロードバイクと、荒れた路面でも走れる乗り心地が高いマウンテンバイクの良いとこ取りをした自転車。 クロスバイクは、初めての方でも扱いやすいフラットハンドルと、無理のない乗車ポジション(ロードバイクと比べると重心も高く上体が起きる)、そして、適度なタイヤ幅で乗り心地もバツグン、軽快さと安定感と乗りやすさを兼ね備えています。50,000円~100,000円程度で、サイクリングはもちろん通勤、通学、と多くの方に人気がある車種。
クロスバイク情報はこちら

 

 

18-KUMA-274-MATT-MILITARY-GREEN
IMG_6143pic01b (1)Surly-Krampus-2017-Mountain-Bike_104718_1_Supersize

●マ
ウンテンバイク
MTBは林道山道や未舗装路の道を走るために誕生した車種。大きなブロックタイヤとサスペンションフォークが特徴でショックを吸収してくれて荒れた路面や段差などもスイスイと走行することが出来ます。 タフで丈夫なため、本格的な林道ライドから通勤、通学、サイクリングと利用されております。価格は60,000円~となりますが本格的な物はとても高価な物もあります。
マウンテンバイク情報はこちら

 

 

18-PRIMAVERA-L-RED
liebe_gbpic_2017-Masi-Strada-Vita-Uno-Bellissima-Grape_4surly-steamroller-278073-12
●シティーバイク
もっとも気軽にラフで走れるような車種。ファッショナブルな感覚で普段の足として活躍しているシティーバイク。本場ヨーロッパんの街ではこのシティーバイクが多く一般的に交通手段として利用され、エコで環境に優しい乗り物として愛されております。中には変速機のないシングルスピードの車種もありシンプルでメンテナンス性に優れています。40,000円~程度のものもあり購入しやすい車種です
シティーバイク情報はこちら

 

 

18-MINIVELO-8-DROP-BAR-GM-DARK-BROWN
1img01pic01b
●小径車
小径車とはタイヤの軽が小さい車種の事を呼び、一般的には20インチが多く存在します。小径車はロードバイクに近いミニヴェロと呼ばれる車種から折畳み式のフレーム構造を採用する物まで多種多様になっており、とくに電車等で自転車を持ち運ぶ輪行にはよく使われております。ロードバイクのパーツが使用されているものはタイヤが小さいからといって走行性能は馬鹿にできない自転車です。価格帯は50,000円~と比較的入門しやすい車種。
小径車情報はこちら

 

 

wethepeople-2018-ARCADE-translucent+blue_side
52_01aplus_m_blks780_513_12136_sub_2017completebikes_salvadorxl_smokeneongreen_iso_web
●BMX
BMXはストリートとフラットランドに分かれ、ストリートはフリースタイルと呼ばれ基本動作がジャンプでそこに技を取り入れていくスタイル。フラットランドは平坦な場所でクルクル回って技を繰り出すスタイル。やってみたいスタイルを決めて車種を選んでいただき、後は好みのカラーやイメージでブランドやモデルを決めます。50,000円程度のモデルが人気で上級モデルになると100,000万円程度になります。
BMX情報はこちら

 

 

 

【その他のバイク】

P3 Ultegra Di2 6870

●トライアスロンバイク
トライアスロンバイクは高速巡行走行に特化したモデルで、トライアスロンは単独で淡々と漕ぎ続けないとタイムが失われてしまう事から、空気抵抗を極限に減らし前傾でスピード走行を可能にした車種。ロードバイクに比べ重量があるのと、ハンドリング性能が悪いのでトライアスロン競技に特化した究極の自転車。価格も高価ですので詳しくは店頭でお問合わせください。
トライアスロンレース情報

 

 

18-ZURIGO-DISC-MATT-CK16

●シクロクロスバイク
シクロクロスのレースを出場するには必要な自転車です。一見ロードバイクのように見えますが、ブレーキシステムやタイヤの太さなどがオフロード走行に適した仕様になっています。また自転車を担いだり、降りて走ったりする事も想定されているので軽量に作られています。通勤やグラベル走行にもおススメの自転車でロードバイクと価格も同程度です。

 

 

3. フレームサイズ選び
IMG_6486

スポーツバイクにはフレームサイズがあり、服を選ぶときにサイズを選ぶように自分に合ったサイズを選んでいただけます。サイズというのは好みもあり、メーカーやモデルによっても大きく異なります。当店では乗られる方の身長や体重、手足の長さ 体型を考慮しましてフレームサイズのおススメをご提案します。またフレームサイズの好み等も伝えて頂けましたら参考におススメもします。 試乗車等も用意している車種もありますので、その中から一度乗車していただいてからご検討いただけます。

 

 

 

4. パーツ・アクセサリー選び
IMG_6480
楽しいサイクルライフには必要なパーツ・アクセサリーがあります。その中でも安全に走行するには前後のライトやヘルメットはは必要になります。また快適に走行する為にサイクルコンピュータや携帯工具にスペアチューブは必要になってくるでしょう。初めから揃えておくと便利ですが、後々揃えていくこともできますのでご相談ください!厳選したおススメのアイテムをご紹介します。

 

 

 

5. フィッティング・納車説明
IMG_6491
納車時は、スポーツバイクの車種に合わせた説明と、ローラー台にセッティングして操作の仕方やホイールの脱着等を丁寧にご説明します。また分からないことがあれば質問いただければご説明いたします。体型に合わせたポジションのアドバイスも納車時におこないますのでご安心してご購入いただけます。
またロードバイクご購入頂いた方には体の体型を測定してポジションを出力する「シマノ バイクフィッテイングシステム」スタティックフィッテイングを初回無料(通常2,000円)で行えます。納車のご予約とフィッティングのご予約が必要となります。

 

楽しみにしていた納車!


IMG_6497

自由に走りに行きましょう!!

クライム・サイクルスポーツでは、初心者の方が安心して参加できるイベントもたくさん開催しております。
EVENTはこちら→


お問い合わせ、質問等はこちらへどうぞ!